治療について/SIADHの治療

原疾患の治療

SIADHの原因は、中枢神経系疾患や肺疾患など多岐にわたります。またビンクリスチンやカルバマゼピンなど、がんやてんかんの治療で用いられる薬剤も抗利尿ホルモン(ADH)の分泌を亢進します。
ADH分泌に影響する薬剤の使用があれば、中止や変更を検討します。

さらに詳しくSIADHの原因

SIADHをきたす可能性のある疾患があれば治療を開始し、その経過から病因を確認します。ただし、SIADHの原疾患は、頭部外傷や脳梗塞、脳腫瘍、肺小細胞癌など、完治が困難な疾患が多いといえます。原疾患の治療により改善が認められれば、SIADHも同時に改善することが期待できますが、原疾患の抜本的治療が難しい場合はSIADHの管理も困難になることが予想されます。さらに、SIADHの原疾患は多岐にわたるため、原因が1つとは限らず、原疾患が特定できないケースも多く見られます。

有馬 寛 日内会誌103(4): 849-854,2014
山口秀樹, 中里雅光 日内会誌105(4): 667-675, 2016
有馬 寛 今日の臨床サポートp1、p5
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「間脳下垂体機能障害に関する調査研究」班 編 日本内分泌学会雑誌 95(Suppl), 18-20, 2019
松浦友一 日腎会誌54(7): 1016-1022, 2012

次のページ:血清ナトリウム濃度>120mEq/Lあるいは中枢神経症状が認められない場合