SIADHとは/SIADHの原因

SIADHの原因

SIADHを引き起こす疾患は多彩ですが、①異所性バソプレシン(AVP)産生腫瘍、あるいは②下垂体後葉由来のAVP分泌亢進に分類されます(表1)。下垂体後葉のAVP分泌を亢進させる疾患には中枢神経系疾患や、肺炎などの肺疾患があります。また、薬剤によりAVPの分泌が亢進することもあります。

入院患者のうち、SIADHと診断された555例の原因について後ろ向きに解析した調査では、特発性が15.9%、薬剤性が26.5%、肺疾患が12.3%、中枢神経系疾患が7.2%、悪性疾患が27.7%、疼痛や嘔気由来が10.4%であったとされています1,2)

表1 SIADHの原因
中枢神経系疾患 髄膜炎
脳炎
頭部外傷
くも膜下出血
脳梗塞・脳出血
脳腫瘍
ギラン・バレー症候群
肺疾患 肺腫瘍
肺炎
肺結核
肺アスペルギルス症
気管支喘息
陽圧呼吸
異所性バソプレシン産生腫瘍 肺小細胞癌
膵癌
薬剤 ビンクリスチン
クロフィブレート
カルバマゼピン
アミトリプチン
イミプラミン
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「間脳下垂体機能障害に関する調査研究」班 編 日本内分泌学会雑誌 95(Suppl), 18-20, 2019

  1. 1)盛田幸司 内科 124(6): 2445-2448, 2019
  2. 2)Shepshelovich D, et al.: Eur J Intern Med 26(10): 819-824, 2015

有馬 寛 日内会誌103(4): 849-854,2014
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「間脳下垂体機能障害に関する調査研究」班 編 日本内分泌学会雑誌 95(Suppl), 18-20, 2019

次のページ:異所性バソプレシン(AVP)産生腫瘍