診断について/SIADHの診断基準

「間脳下垂体機能障害の診断と治療の手引き」におけるSIADHの診断基準

厚生労働省の間脳下垂体機能障害に関する調査研究班による「間脳下垂体機能障害の診断と治療の手引き(平成30年度改訂)」には、SIADHの診断と治療の手引きが含まれており、その中でSIADHの診断基準が示されています(表1)。主症候として脱水を認めないこと、そして血清ナトリウム濃度や血漿浸透圧の低下にもかかわらず血漿バソプレシン濃度の抑制が認められないこと、尿浸透圧>100mOsm/kg、尿中ナトリウム濃度≧20mEq/Lなどで診断されます。

また、同手引きにはSIADHの参考所見も示されています(表2)。低ナトリウム血症の症状を有していることやSIADHの原因として挙げられた疾患の診断が参考になること、血漿レニン活性や血清尿酸値の低下などが参考所見として挙げられています。

表1 SIADHの診断基準 ※表中のテキストリンク(青字)をクリックいただくと詳細説明ページをご覧いただけます。
I . 主症候 脱水の所見を認めない。
II . 検査所見
  1. 血清ナトリウム濃度は135mEq/Lを下回る。
  2. 血漿浸透圧は280mOsm/kgを下回る。
  3. 低ナトリウム血症、低浸透圧血症にもかかわらず、血漿バソプレシン濃度が抑制されていない。
  4. 尿浸透圧は100mOsm/kgを上回る。
  5. 尿中ナトリウム濃度は20mEq/L以上である。
  6. 腎機能正常。
  7. 副腎皮質機能正常。
確実例:I および II のすべてを満たすもの。

厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「間脳下垂体機能障害に関する調査研究」班 編 日本内分泌学会雑誌 95(Suppl), 18-20, 2019

表2 SIADHの参考所見
  1. 倦怠感、食欲低下、意識障害などの低ナトリウム血症の症状を呈することがある。
  2. 原疾患の診断が確定していることが診断上の参考となる。さらに詳しくSIADHの原因
  3. 血漿レニン活性は5ng/mL/h以下であることが多い。
  4. 血清尿酸値は5mg/dL以下であることが多い。
  5. 水分摂取を制限すると脱水が進行することなく低ナトリウム血症が改善する。

厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「間脳下垂体機能障害に関する調査研究」班 編 日本内分泌学会雑誌 95(Suppl), 18-20, 2019

厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「間脳下垂体機能障害に関する調査研究」班 編 日本内分泌学会雑誌 95(Suppl), 18-20, 2019

解説動画

大塚製薬 医療関係者向け情報サイトに移動します
(大塚製薬eライブラリ)への会員登録が必要です