SIADHとは/SIADHの症状と病態

SIADHを疑うヒント

症状から疑う
倦怠感や食欲低下、頭痛、悪心、脱力、傾眠、痙攣、意識障害など低ナトリウム血症の症状を有する
(低ナトリウム血症が軽度あるいは緩徐に進行した場合は無症状のこともあります)
所見から疑う
細胞外液(体液)量の減少を認めない 下記のような所見を認めない:
頻脈、口唇および口腔粘膜の乾燥や皮膚ツルゴール反応の低下などの身体所見のほか、下痢や嘔吐、利尿薬使用など
細胞外液(体液)量の増加を認めない 下記のような所見を認めない:
腎不全、心不全、肝硬変、ネフローゼ症候群などの疾患、浮腫や胸水、腹水などの身体所見
SAIDHの原因となる疾患や薬剤の服用歴あり SIADHの原因となる可能性のある中枢神経系疾患や肺疾患、バソプレシン産生腫瘍の存在のほか、薬剤の使用歴を有する

さらに詳しくSIADHの原因

臨床検査値から疑う
血清ナトリウム濃度135mEq/L未満 血液検査で低ナトリウム血症を認める
血漿浸透圧280mOsm/kg未満 血液検査で低浸透圧血症を認める
尿浸透圧>100mOsm/kg 尿検査での尿浸透圧が100mOsm/kg超であり、最大希釈尿を認めない
尿中ナトリウム濃度≧20mEq/L 細胞外液(体液)量がほぼ正常で、尿中ナトリウム濃度20mEq/L以上の低ナトリウム血症ではSIADHの可能性を考慮
血漿レニン活性≦5ng/mL/時
血清尿酸値≦5mg/dL
SIADHでは、血漿レニン活性5ng/mL/時以下、血清尿酸値5mg/dL以下であることが多く、他の低ナトリウム血症を呈する疾患との鑑別に有用

有馬 寛 今日の臨床サポート p2-4
柴垣有吾 著 深川雅史 監修 体液電解質異常と輸液 改訂3版 中外医学社 2019 p56