治療について/治療に伴う注意点

血清ナトリウム濃度の補正速度と測定基準

血清ナトリウム濃度120mEq/L以下でけいれんや昏睡など中枢神経症状を伴うなど重症の低ナトリウム血症の治療では、高張食塩水の輸液やフロセミド投与などによる速やかな補正が必要です。ただし、急激な補正は浸透圧性脱髄症候群(ODS)を引き起こすことがあるため、補正速度には注意が必要です。

低ナトリウム血症の補正に関してはコンセンサスが得られていませんが、高張食塩水としては3%食塩水がよく用いられており、3%食塩水をおよそ0.5〜1mL/kg/時の速度を目安に点滴投与し、適宜フロセミドの静脈内注射も併用して水利尿を促します(図1)。血清ナトリウム濃度の測定は、点滴開始後は1時間ごと、傾向を把握した後は2〜4時間ごとに行います。

血清ナトリウム濃度120mEq/L到達、または、中枢神経症状の改善まで

低ナトリウム血症におけるODSの危険因子

3%食塩水点滴投与による血清ナトリウム濃度の予測

血清ナトリウム濃度120mEq/Lに達する、または中枢神経症状が改善した後の治療

3%食塩水による点滴を中止し、水分制限による治療に変更します。

図1 低ナトリウム血症の治療の流れ
低ナトリウム血症の治療の流れ

図を拡大表示

厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「間脳下垂体機能障害に関する調査研究」班 編 日本内分泌学会雑誌 95(Suppl), 18-20, 2019
有馬 寛 日内会誌103(4): 849-854,2014
山口秀樹, 中里雅光 日内会誌105(4): 667-675, 2016
柴垣有吾 著 深川雅史 監修 体液電解質異常と輸液 改訂3版 中外医学社 2019 p58-66
塚本雄介 専門医のための水電解質異常 診断と治療 東京医学社 2020 p63-64
盛田幸司 内科124(6): 2445-2448, 2019